冬になると食べたくなる蟹。そんなときはかに通販が便利ですが、きちんとしたところで買わないと損をしてしまいますので注意しましょう。
一番最初にチェックしてほしいのはどこの加工場で処理しているのかというところです。
蟹を捕獲したところよりもかなり遠い場所で処理している場合は産地を偽っている場合があるので注意した方がいいです。
また、漁港から遠ければ遠いほど蟹の鮮度が落ちていくので、なるべく漁港から離れていない場所で加工している業者を選びましょう。

詳しくはこちらからご覧下さい。

かに通販 産地直送

花咲ガニの特殊なところは、花咲半島、別名根室半島で非常に多く棲息している海草、昆布に係わりがあります。
昆布食の花咲ガニであるからこそ、抜群の旨味を味わえるカニなのです。
あの花咲ガニは、その全身に頑強なするどいトゲが多く、脚は短くさらに太めではあるが、太平洋の凍るような水でもまれてきた弾力のあるそのカニの身は、例えようがないほどおいしいものです。
主食を昆布として育つ花咲ガニは、なんともいえないだしが出るので、鍋を楽しむにもマッチします。
獲れるのはとても少量のため、産地の北海道以外の市場については多くの場合出回らないと言えるでしょう。
最近は、カニ愛好家の間でプリプリの「花咲ガニ」が傾注されています。
なんと、8割前後の花咲ガニの水揚産地である北海道の根室まで出かけていって旬の花咲ガニをたっぷり楽しみましょうという旅行の募集もあるほどです。
総漁獲量の少なさのため、今までは全国流通はできなかったのですが、通販の普及に伴い、日本の各地域で花咲ガニを召し上がることができちゃうのです。

コクのある松葉ガニも珍しい水ガニも、二つともズワイガニのオスとなっています。
それなのに、同じ様な甲羅のボリュームでも松葉ガニの販売価格は高く設定されているのに、水ガニは割合的にリーズナブルです。
甲羅にカニを産卵場所としている「カニビル」のいくつもの卵が付けられているほど、ズワイガニが脱皮をしまってから長時間経っており、ズワイガニの中身が十分で魅力的だとジャッジされるのです。
花咲ガニの特徴として他にはないほど花咲ガニというカニそのものはワーストの方であるので、漁猟シーズンがたった3ヶ月程度(7月~9月)で、それだから、味の最高潮は秋の初めから10月と短いのが特徴です。
冬に食べたいカニが大好きな日本に住む私たちですが、その中でもズワイガニが特に好きだという方は、すごく多いようです。
味のわりに安いズワイガニを購入できる通販を選り抜いて教えちゃいます。
届くと好きなときに美味しく食べられるように処理されたこともあるというのが、人気のタラバガニを通販でお取寄せする利点だといわれます。

ズワイガニとは、水深300m辺りの深海で繁殖し、観光客が訪れる山口県からカナダ近郊まで広範囲にわたって漁獲される、見るからに大型で食べたという満足感のある食べる事が出来るカニになります。
身も心も温まる鍋にてんこ盛りのカニ。思わずにやけてしまいますね。
そんなズワイガニの獲れた現地からリーズナブルに直送の通信販売のお店のまるわかり情報はいかがでしょうか。
実はかにの、名前と足などのパーツの情報提供をしている通信販売ショップもあるのですが、冬の味覚タラバガニのことも多少でも学ぶために、そこのポイントなどを有効に活用するのもおすすめです。
毛ガニ、とくれば北海道に限ります。水揚されたものを直送してくれる味のいい毛ガニを、通販を利用して購入し、召し上がるのが、この時期の一番の楽しみという人も大勢いるはずです。
脚はといえば短いですが、ごつごつしたワイドボディにこれでもかと身の詰まっているコクのある花咲ガニの満足感は大きいです。
非常に希少のため、通販でお取り寄せする時は、その他のカニの価格より高めです。

関連記事

    None Found