男性にはお馴染み、毎日少しずつ生えてくるひげ。
綺麗に剃る人もいれば、無計画に伸ばす人、芸能人みたいに美しく整える人様々です。

今回はそんなひげについて、知っていると面白くなる豆知識を3つご紹介します。

 

<ひげに込められた三種の意味>

一口で「ひげ」といっても実は書き分けがある事をご存知でしょうか。

普段使われる「髭」は口の周りに生えるひげのこと。
下の部分が比から須に変わった「鬚」は顎に生えるひげのこと。
そして再になった「髯」は頬ひげの事を指します。
英語もそれぞれ分けられており、顎ひげは「beard」、口ひげは「mustache」、頬ひげは「whisker」と言います。
ちなみに英語には「無精ひげ」も一つの単語になっていて「stubble」と言うんですよ。

日常会話で使い分けられると、少し誇らしい気分になれそうですね。

 

 

<男性専用!?ひげが生えてくる意味とは>

男性はひげを伸ばしている人を良く見かけますが、女性で立派に伸ばしている人っていませんよね。
頭髪、眉毛、まつ毛、鼻毛、わき毛など男女共通の毛はあるのにひげだけはなぜか男性だけ。
これって何か理由があるんでしょうか?

まず男性だけ生えてくる理由ですが、これには「男性ホルモン」が重要な役割を果たしています。
男性ホルモン自体には様々効果はありますが、その1つに「体毛を育てる」というものがあります。
この効果が作用するため、男性にはひげが生えてきます。

それにしたって男性だけひげが生えるなんて、何か深い意味がありそうですよね。

しかし残念なことに、この疑問についてはまだ解明されていないそうです。
ひげにも他の毛同様、寒さから身を守るなどの機能が備わっていますから、大昔狩りに出ていた男達のために、神様が与えた代物なのかもしれませんね。

 

 

<朝剃るだけじゃ意味がない!正しいひげ剃りの方法とは>

朝綺麗に剃ったはずなのに、一日が終わって顔を触るとざらっとした感触…。
いくら頑張っても、どう剃っても夕方には生えてくるひげ。実は生えてくる時間が関係しています。

ひげは午前6時~10時頃が一番伸びやすいです。
そのため、朝7時にひげを剃ったとしても、剃った後にグングン伸びてきてしまい、夕方にはざらっとした感覚が出てきてしまうんですね。
朝だけでなく午前10時くらいに一度手入れをすると、夕方までツルツルなお肌を楽しむことができますよ。

 

 

<知って楽しい!生やして楽しい!ひげの神秘>

以上、ひげに関する豆知識をご紹介しました。
無駄と思ってしまいがちなひげも、実はこんなに面白い話があるんですね。

これを機に、一度ひげの研究をしてみてはいかがでしょうか。(参照:髭 意味

 

 

関連記事

    None Found