業者に自宅の外壁塗装を依頼しようと思ったときに気になるのは塗料の臭いです。
塗料特有のツンとする臭いは敏感な人だと気分が悪くなったり頭痛がしたりして寝込んでしまうこともあります。
また、小さな赤ちゃんやペットがいる場合は悪影響があるのではと不安になってしまいます。
外壁塗装用の塗料の臭いの原因は、塗料を薄めるために使用するシンナーです。
一口にシンナーと言ってもさまざまな種類があります。
外壁塗装用の塗料には、イソネプロピルアルコール・1-ブタノール・メタノール・キシレンなどのシンナーが使われることが多いです。
このシンナーが強い臭いを発するために外壁塗装を行っている間は強い臭いが家の中まで漂います。
外壁塗装に使用する塗料は、人体に悪影響を及ぼしてしまいます。
厚生労働省は、塗料を扱う仕事には「特殊健康診断」「作業環境測定」「蒸気の発散源対策」「作業責任者の専任」を義務付けています。
外壁塗装の臭い対策として、最近では有害物質の少ない水性塗料も増えていますので、外壁塗装を依頼するときには、業者に臭いの少ない塗料を使ってもらうように相談すると良いでしょう。外壁塗装を行っている壁の反対側に窓がある場合は、窓を開けて喚起をすると良いです。
室内に漂ってくる臭いを外に追い出すような感じで、サーキュレーターや扇風機の風を窓に向けて送ります。
外壁塗装をしている場所に近いところに換気扇がある場合は、外の臭いが入ってくるので使わないようにします。
外壁塗装を行っているときに外に洗濯物を干すと臭いがつく可能性があるので、室内干しにするかコインランドリーを利用すると良いでしょう。
マスクを利用したり、防臭効果の高いデオドラントスプレーを使用するのも臭い対策として有効です。
外壁塗装をしている間に外出してしまうのも有効な方法です。
外壁塗装は建物の大きさにもよりますが、一般的には1週間から10日ほどかかりますので、ずっと家にいるよりも日中外出するようにすれば臭いからも解放され、気分転換にもなります。
外壁塗装中は建物の周囲に足場が組まれるので息苦しい感じがします。特に妊婦さんにはストレスに感じてしまう場合もありますし、通常よりも体調や気分が変化しやすいので足場を組むときの音や塗料の臭いに敏感になってしまうので、可能であれば実家に帰省したり、ホテルに宿泊したりすることで家から離れることが有効であると言えます。
外壁塗装の臭いは健康被害も及ぼしてしまうことがありますので、これから外壁塗装を考える場合は、臭いが少ない塗料を選んだり、通気口をふさいでもらう等業者とじっくり対策を相談することが大切です。
臭い対策にもきちんと相談に乗ってくれる信頼できる業者を選ぶことがなによりも重要であると言えます。
外壁塗装について詳しく書いてあるので参考にしてください。⇒外壁塗装 塗料 臭い

関連記事


    denwasiteru

    一戸建ての家を所有している人にとって気になる事のひとつに外壁塗装の時期があります。というのも外壁塗装といいうのはその名前の響きからは想像できないほどの高額の費用を必要とするからです。ですから、一戸建…


    最近、強風が吹いたことにより弱っていた車庫のトタンが、剥がれてしまい直すことにしました。 直すと言っても、もちろん自分で直すことは不可能なことだったので、知り合いの業者さんにお願いしました。 その時に…


    実際に外壁塗装をリフォーム業者にしてもらおうと思った時に多くの方はかなりいい加減にリフォーム業者選びをするかと思います。 では、実際に外壁塗装をしてもらう時にどういうリフォーム業者を選べば良いのかとい…


    屋根塗装に関しましては、しょっちゅう行なうものとは違いますから、どんな人も注意を払うと思われます。 希望通りの仕上がりを目指すなら、施工担当者と細かく話し合うことが必要不可欠になります。 キッチンのリ…


    安く購入できるという点に目をつけて、中古として売りに出されていたマンションを買ってからリフォームに手を付けるという方が増加してきています。 現実的に、マンションのリフォームに要する費用はどれくらいなの…